MENU

引越しで不要になった冷蔵庫を処分する方法6選|賢い処分方法や買い替える時期やタイミングも徹底解説

冷蔵庫を買い替えるタイミングに悩むことはないでしょうか?

お引越しの時でしょうか。壊れた時でしょうか。

また、使い古した冷蔵庫の処分の方法はご存知でしょうか?

今回は、冷蔵庫の処分・買替メリット、冷蔵庫を処分する方法、処分するときの注意点について解説します。

目次

冷蔵庫の処分・買替のメリットは?

引っ越しのタイミングで冷蔵庫を処分・買い替えするメリットをご紹介します。

  • ①新居のインテリアに合わせた外観の冷蔵庫にすることができます。
  • ②引っ越しをするときに処分することで、新居までの運搬費用がかかりません。
  • ③引っ越し業者に新しい冷蔵庫の搬入と設置をしてもらうことが可能。

デメリットもご紹介します。

  • ①冷蔵庫の買い替えは費用が掛かる
  • ②処分や買取依頼、新しい冷蔵庫を買う時間も掛かる

すでに壊れてきている冷蔵庫であれば、新しく買い替える必要があると思います。

引っ越し作業のときに、冷蔵庫の搬入も済ませてしまうこともできます。

しかし、冷蔵庫がまだ使えるのであれば、費用も掛かるので引っ越し作業を終えてから検討するのも一つの手でしょう。

冷蔵庫を処分する方法6選

引っ越しで冷蔵庫を処分する方法についてご紹介します。

また、家電リサイクル法についても解説していきます。

家電リサイクル法

冷蔵庫の処分は、「家電リサイクル法」に従わなければなりません。

もし、従わない場合は違法とされ、処罰を受ける場合もありますのでご注意ください。

家電リサイクル法に基づいて、処分する方法は2つあります。

  • 家電販売店で回収し、家電メーカーでリサイクルを行う方法
  • 不用品回収業者が回収し、リサイクル業者がリサイクルを行う方法

不用品回収業者が処分を行う場合は、「一般廃棄物収集運搬業」の許可を自治体から受けていることが条件になります。自治体からではなく、家電量販店の委任を受けて行うことも可能です。万が一、何も手続きされていない場合は違法となりますので、必ず確認をするようにしましょう。

冷蔵庫は、「粗大ごみ」ではなく「リサイクル家電」として扱われるため、「リサイクル料金」を支払います。料金には、収集や運搬料などの費用も含まれています。

冷蔵庫の処分方法①新しく購入した時に回収も依頼する

冷蔵庫を新しく購入し、古い冷蔵庫は家電販売店に回収してもらう方法です。

一番効率が良く回収の依頼もしやすいため、一般的な方法になります。

メリットとしては、新しい冷蔵庫を購入した家電量販店で手続きすれば完了するので、時間がかかりません。

デメリットとしては、リサイクル料金などの費用がかかります。

冷蔵庫の大きさによって、リサイクル料金と収集・運搬料が異なります。

また、メーカーごとでも費用は異なりますのでご紹介します。税込表示になります。

下記は、メーカーによるリサイクル料金になります。

メーカー170リットル以下170リットル以上
パナソニック・シャープ・三菱電機など3,740円4,730円
日本ゼネラル・ノジマなど5,200円5,600円
ヤマダ電機製品4,015円5,005円

下記は、家電量販店による収集・運搬料金になります。

回収する業者収集運搬代金
ヤマダ電機・ケーズデンキ・ビックカメラなど1,650円
ヨドバシカメラ550円
その他回収業者業者による

冷蔵庫の処分方法②購入したお店に回収依頼をする

新しく冷蔵庫を購入するタイミングではなく、古い冷蔵庫の回収だけを依頼する方法です。

冷蔵庫を処分するときには、購入したお店に回収を依頼することができます。

メリットは、冷蔵庫の処分の依頼だけなので比較的簡単です。

デメリットは、購入したお店を探してから回収依頼をするので、調べる手間がかかります。

古い冷蔵庫を処分してもらうときでも、リサイクル料金と収集・運搬料の支払いは必須です。

冷蔵庫の処分方法③リサイクルショップを利用する

冷蔵庫は、古くてもまだ使用できるものもあります。

その場合、リサイクルショップに売却することもできます。

メリットは、冷蔵庫の状態が良ければ、売却益が出ることもあります。

デメリットは、冷蔵庫の状態が悪ければ、買取はされずに引き取り料金が発生する可能性があります。

リサイクルショップで、冷蔵庫に高値がつく傾向にある要点をまとめました。

製造年が新しく、国内製メーカーのもので、ファミリータイプ(400から500リットル)のものが良いとされています。

壊れていなくて、付属品がそろっているもの、見た目がきれいなものに高値がつきやすいとされています。

具体的には、ファミリータイプの冷蔵庫で1年落ちの冷蔵庫は、25,000円〜30,000円前後。

1人暮らし用の冷蔵庫(150リットル以下)では、1年落ちでも3,000〜8,000円前後。

リサイクルショップを選ぶときは、家電リサイクル法を遵守しているお店を選びましょう。

冷蔵庫の処分方法④フリマやオークションを利用する

古くなった冷蔵庫を、フリマアプリやオークションサイトで売却する方法です。

メリットは、業者に依頼するわけではなく個人に売却するため、相場より高値になることもあります。

デメリットは、売却先が決まらなければ自分で処分することになります。また、売却する際の準備も必要なので、時間が掛かることがあります。

売却先に配送する時、配送料金を出品者が負担することもありますので、大手フリマアプリの「メルカリ」の配送料をご紹介します。

大きさ/サイズ配送料
冷蔵庫小(高さ、幅、奥行の合計 250センチまで)7,398円
冷蔵庫大(高さ、幅、奥行の合計 350センチまで)16,254円

冷蔵庫の処分方法⑤不用品回収業者に回収依頼する

売却して利益になるのは嬉しいですが、売却先が決まらない場合は不用品回収業者に依頼しましょう。

メリットは、自宅まで回収しに来てくれるので手間なく完了します。また、他の不用品も回収してもらうことも可能です。

デメリットは、業者によっては高額になることもあります。

業者を選ぶときは、必ず自治体からの許可や家電販売店の委任がされている所を選びましょう。

不用品回収業者に回収依頼をする際は、回収料金がかかります。回収料金は業者ごとに異なりますので、まずは見積もりをすることをおすすめします。

冷蔵庫の処分方法⑥引っ越し業者に買取依頼する

冷蔵庫を回収してくれる引っ越し業者に依頼することもできます。

メリットは、冷蔵庫だけ回収してくれることもでき、引っ越しの時に回収してもらえるので時間がかかりません。

デメリットは、引っ越し業者によって費用が異なりますので、高額になる可能性もあります。

冷蔵庫、エアコン、洗濯機、テレビを対象に、回収を行っている引っ越し業者のリストと費用をご紹介します。

引越し業者回収方法
サカイ引越センターリサイクル料金と収集・運搬料3,000円(税別)
アーク引越センター有料での回収のため、見積もりをとりましょう
アップル引越センター家電の状態により、引き取りか買取を判断します。

買取をしてもらえた場合は、利益がでることもあるでしょう。

しかし、引っ越し業者によっては買取も回収も行っていないところもあります。

引っ越し業者に、何の家電を回収・買取しているのか必ず確認をしましょう。

冷蔵庫を処分する際の注意点とは?

引っ越しで冷蔵庫を搬送する前には、「水抜き」と「霜取り」の2つの準備が必要です。

水抜き

冷蔵庫の背面にある(一般的)蒸発皿に溜まっている溶けた霜を捨てます。

霜取り

冷蔵庫の中に霜がある場合は、溶かしておきましょう。

2つの作業を行うことで、運搬するときに冷蔵庫から水が出てきて、トラックや荷物が水浸しになることを防ぐことができます。

作業は、引っ越し前日に行いましょう。

①冷蔵庫の周りにタオルを置く

②冷蔵庫のコンセントを抜く

③製氷皿を空にしてドアを開けておく

④夏10時間・冬15時間くらい経過したら、蒸発皿の水を捨てる

2つの作業を行うときは、冷蔵庫のコンセントを抜きます。

その前には、冷蔵庫の食材を使い切るように心がけましょう。

冷蔵庫は、粗大ごみとすることができないため、回収業者を選ぶ必要があります。

「無料回収」などを宣伝している業者もありますが、自治体からの許可などを受けていない可能性があります。後日高額な費用を請求されるというトラブルも発生していますので、お気を付けください。

回収業者を選ぶ際は、必ず「家電リサイクル法」に基づいて営業している業者を選びましょう。

リサイクルショップなどでは、製造5年以内の買取がほとんどなので、その点も注意しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次